ブラインドにまつわる歴史の話

カーテンと同じように、私達の生活にすっかり定着していると言えるのがブラインドです。現在では皆さんの家や会社に、必ずと言っていいほどこのブラインドが有るのではないでしょか。
それではこのブラインドには一体どれだけの歴史が有るのでしょうか。ここからはブラインドの歴史について見ていきます。
私達人類が最初にブラインドを使ったのは一体何時のことなのでしょうか。皆さんはブラインドの歴史を御存知でしょうか。人工のブラインドが最初に使われたとして記録に残っているのは、何と今からおよそ五千年前のことです。エジプトのファラオ王朝時代にまで遡ります。そのブラインドは繊維でより合わせた葦を、戸口や窓辺にぶら下げたものでした。そして当時紅海の西海岸を席巻していたペルシャの奴隷商人が、この葦のカーテンを自国に紹介しました。その後ブラインドは形態が様々に変化しながら、世界中に伝わっていったと言われています。更にその後住環境や人々の意識の変化によって、ブラインドに対するニーズも多様化しました。それに伴ってブラインドに対する改良が盛んに行われ、様々なタイプのブラインドやシェードが発売されるようになりました。また現在最も一般的に使用されているのはヨコ型ブラインドですが、そのヨコ型ブラインドの原型が生まれたのはイタリアのベニスであったと言われています。かの有名なイタリアの水の都ベニスでは、上から降り注ぐ太陽光の他にも、ベニス特有の事情として水に反射して跳ね返ってくる下からの光も遮る必要が有りました。その為上方、下方のどちらの光も遮ることのできるこのブラインドの形が大変効果的だったのです。ヨコ型のブラインドをベネシャンブラインド(ベネチアンブラインド)と呼ぶのも実はここから来ているのです。また当時のブラインドの素材はウッド(木製)のブラインドを利用していました。現在のアルミ製のベネシャンブラインドは1946年、アメリカ(現在はオランダ)ハンター・ダグラス社が開発・発売したものが最初です。このハンター・ダグラス社は、ブラインド業界におけるパイオニア的存在でもあります。
如何でしたか。ブラインドにもこれだけ長い歴史、そして変革の歴史が有ったのです。
それではここからはブラインドの機能について、もう少し掘り下げて見てみることにしましょう。
ブラインドは本来、外界の光の採り入れを上手に調整する為に作られたものです。人類はこの遮光の効果について、長く工夫と研究を重ねてきました。例えば窓を単に布で蔽うだけでは、細かな調光が難しくなってしまいます。そんな難しい問題を解決したのが、先に紹介したベネシャンブラインドです。細かなベインの回転や素材の選び方によって光をコントロールすることができるのが、このベネシャンブラインドの特徴でもあります。現在のブラインドにはアルミ製の他、木製、布製と様々な素材の製品のブラインドが有ります。また縦型ブラインド、或いは横型ブラインドと、窓の形や大きさに合わせたブラインドの選び方が可能になっています。
世界的に見ると、ヨーロッパ諸国ではブラインド文化が根付いています。その一方で我が日本ではブラインドは1980年代にちょっとした流行にはなりましたが、現在ではやはりカーテン文化が圧倒的に強くなっています。しかしながら、ブラインドの優れた断熱性、それに遮熱効果や多種多様な機能は、カーテンでは生み出せない部分でもあります。ブラインドにはブラインドの長所が沢山有ります。その一方でブラインドは埃がたまりやすくそして埃の除去に手間がかかるのが欠点です。

ここまでブラインドについて色々と紹介しましたが、皆さんはブラインド派でしょうか、それともカーテン派でしょうか。カーテンとブラインドを色々と比較してみても面白いかと思います。

recommend

チタンの印鑑を作るなら
http://www.e-insho.com/titan1.html

Last update:2017/5/1

Copyright (C) 2008 私達の生活に密接に関わっているカーテンの話 All Rights Reserved.